2008年までご愛顧いただいた「目指せFI」ウェブサイトは2009年、「FI Planning」として全面リニューアルいたしました。

今後は新ウェブサイトをご利用いただきますよう、お願いいたします。

www.fiplanning.com

ミッション

1. ミッションステートメント

FIを実現するための情報を共有し、FIの実現に貢献すること

このサイトのミッションステートメントです。「ミッション」と言うと大げさですが、このサイトをなぜ立ち上げたのか、という理由がこれです。ミッションステートメントを決めることで、やる気も湧くし、できるだけ役に立つ情報に絞って伝えていけると思っています。もちろん、このサイトを作ることで自分が勉強できるし、自分のFI達成の助けにもなると思ってます。それを他の人と共有できたらすばらしいことだと思います。

2. どうしてFIになりたいのか?

2001年にアメリカ経済が不況になり、あの September 11 があり、アメリカはとんでもない不況になりました。すでに終身雇用の時代は終わっているアメリカでは、会社に自分の収入をいつまでも頼っていけるような状況ではありません。「このまま一生、会社というものに自分の人生をコントロールされる存在であっていいのか?」と思い始めました。あの2001年の秋にお金の心配をしなくていいのなら、人生を見直すために旅に出たり、夜学で通っていたMBAをフルタイム(全日制)で取る事にしたり、自由にできたと思います。ちょうど人生の節目として、ゆっくりしたいなぁ、などとも思ってました。お金に困らない状態と言うのは、自由にできることなんだ、と実感したのです。

もちろん、それ以前からいろいろと経済的に自由になることは考えていました。日本にいたころはナポレン・ヒルやジグ・ジグラーなどを読み、大いに「成功」を夢見ました。ところが、会社員としていくらがんばっても、彼らの言う「成功」には届かないのではないか、と言うことに気が付きました。また、「お金=幸せ」でもない、ということも、社会に出て何年かしてからやっと実感できるようになりました。

本当の目的は「幸せ」になることです。人それぞれの「幸せ」の形があると思いますが、私の目指す幸せのひとつの要素が「FI」であることです。FIになったから幸せになる保障はありませんが、少なくとも助けにはなります*1。FIは幸せになるためのツールです。このツールをうまく使えるようになることで幸せに一歩でも近づけるのではないか、と思います。

3. お金の話はタブー?

お金の話をすることは一般的にタブー視されていると思います。どのくらい稼いでいるか、どのくらい使っているか、どのくらい借金があるか、と言うのはごく親しい間柄の友人や親戚の間でもあまり話しません。時には夫婦や家族でさえも、ほとんど話さないことがあります。しかし、FIを目指すのなら一人よりもみんなで情報を共有して、助け合ったほうが良いと思います。より新しい情報や、正しい知識を身につけることでFI達成が容易になります。

お金の話がタブーであることの問題は、お金を増やすことは悪いことである、お金を得ようとするのは悪いことである、という意識を持ってしまうことです。本当にお金とは悪いものなのでしょうか?

私はお金とは人類が発明した数ある道具の一つであると思っています。例えば人類は刃物を発明しました。正しく使えば料理を簡単にし、私たちの食生活を豊かにしてくれます。間違って使えば怪我をします。悪意を持って使えば人に危害を加えることもできてしまいます。包丁は便利でもあり、危ない道具でもあります。しかし、だからと言って子供に「包丁は絶対使ってはいけません!」と教えるでしょうか?もちろん、そんなことはありませんよね。危ないからこそ、正しく使えるように教えます。

お金も同じで、正しく使えば私たちの生活を豊かなものにしてくれる道具に過ぎないのです。間違って使えば怪我をすることもあり、悪意を持って使えば危害を加えることもあります。だからと言ってタブー視してはいけないのです。危ないからこそ、正しく使えるようにならなくてはいけません。ところが、私たちは大抵、この大切なお金のことを、親から教わる機会はありません。友達同士で話すこともありません。それでは、いつまで経っても「お金を扱うのは危険な状態」から抜け出すことができないのです。

私はこの喩えが好きです。子供の頃、りんごの皮を正しく剥けるように包丁の使い方を教わった事を思い出します。切り傷をちょっぴり作った事もありましたが、包丁の使い方を身をもって覚えたおかげで、今ではりんごをおいしく食べられます(^^)。包丁を「お金」に置き換えても同じことが言えると思います。最初のうちは怪我をする事もあるかもしれませんが、慣れてくればおいしい「りんご=経済的な自由」を得る事ができます。積極的に使い方を覚えるのは、正しく使えるようになるために必要なステップなのです。

お金を正しく道具として扱えることができるようになったら、それはFIへの第一歩だと思います。このウェブサイトを通じて、お金の話をタブー視しない、感情的にならずに話し合える、そういう人たちとコミュニケーションできたらきっとすばらしいと思います。

4. プロフィール

サイト管理者、Nobuのプロフィール

連絡先:

*1 : 私にとってのその他の要素としては健康、家族、友達、本気で打ち込める仕事(ボランティアなども含む)、社会貢献などがあります。
Copyright (c) 2002 - 2008 Nobu - All rights reserved.